2015-06-11 15:51 | カテゴリ:ガーデニング
桃饅頭とも呼ばれる ピエールドロンサール

13~4年も鉢植えのまま 5回の引越しを経て 

やっと地植えにしてあげられました♪♪♪

1年目の去年は 2本の枝いっぱいに花を咲かせて

薔薇嫌いの母も これだけは好きと言わせる可愛いコちゃん



さすが地植え2年目! 昨夏 長いシュートも出たおかげで いまだかつてない花着き♪

冬の誘引作業のワクワク感はハンパなかった!

喜びのあまり ちょっと天辺まで誘引しすぎて 

いざ咲いたら 花ガラの整理に手が届かないという事が判明 

来年はもう少し低く誘引しなきゃ・・・(`・ω・´)


庭の中から見るとこんな風でした。↓

しんままさーん しんぱぱさーん いただいたジギタリスこんなに立派に咲きましたよ~

どうもありがとうございます




今年の春はいろんなコトが勃発して お友達も呼べなかったけど

次の花の時期には実物を見てもらえたらいいな

それを励みに がんばろっと


★ これは去年の ちょっと困った思い出です★


母が庭に居た時に 見知らぬ方にいきなり 

「この薔薇きれいだから剪定した枝を下さい」といわれたそうで

ちょっと面食らった母は

「これは娘ので 私は勝手に切れないので」と

やんわりお断りしたものの 

また後日 

「6月に挿し木をすると成功するらしいから欲しいの」といわれて

その時には

「引っ越す時に長い枝折れちゃって 娘も大事にしてるから期待しないで」と言ったのに

その時は 名前とご近所であることを告げていったと。

母は「断ったのにしつこいよねぇ!」とぷんぷん。

そうだよね 気前のいいタイプの母がお断りするのは結構なストレスだよね

しかも ご近所さんだもんねぇ・・・

どうしよう~ ~(>_<。)~ 

多分あそこのお家かなぁ?と思うくらいで 面識も無いしー

普段お付き合いしてるくらいなら ポストにメモでも入れてくるとか

ピンポンしてお話もできるけどね

だってだって 大事な大事な2本しかない枝を剪定なんてできないよ~

トラックを借りて 庭物の引越しをした時に 

一番長い枝を折ってしまった時のショックといったらもう・・・

やっと根が張ってきて 花を愛でてほっとしたばかりなのに。

母も私も モヤモヤして何日かを過ごしていました。

理由を書いて貼っておこうかとか・・・ 

母なんて 次の冬に違う場所に植え替えたら?とか言い出すし

ハハウエ ソレ本末転倒ダシ( ▽|||) モウ場所ナイジャン

モヤモヤモヤモヤ・・・

そんなある日

私がピエールの側に居た時に その人が来ました! 今度は私に

「これ気に入ったから剪定枝ほしいんですけど」と

「薔薇はやったことないけど 友達に聞いたら6月なら挿し木で着くっていうから」

と・・・

ああ やっと直接話せる!とばかりに私も

植えたてのツル薔薇はこの時期は剪定できない事や

この株の事情をお話して すみませんと丁重にお断りしました。

どこにでも売っている人気品種だし その気さえあれば苗は簡単に手に入ると思いますというと

「難しそうだからやっぱりやめとくわ」といってました。

難しいことなんてないんだけどな・・・

ていうか 買うほどじゃないんでしょうね。(-"-;)

そんなこんなで

とりあえず コマッタさんのモヤモヤは1ヶ月程で終了しました。

もっと顔見知りだったら または今年みたいにばんばん育った後だったら

もっと気軽にお裾分けできたかもしれないけれど ちょっと心はチクチク

タイミングってあると思うんだけど

というおはなしでした。

長いボヤキ 読んでくれてありがとうでした 

やっと ちょっとスッキリした ( ̄∀ ̄*)






秘密

トラックバックURL
→http://kuusgarden.blog64.fc2.com/tb.php/363-67c2bc94